協調・共存ロボット

2016年2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

協調・共存ロボットは、トルクセンサや電流値モニタ等により、人との接触を検知して停止する安全機能を備えたロボットであり、垂直多関節機構タイプや水平多関節機構タイプ、単腕・双腕タイプのモデルがある。
当該ロボットは、組立作業や搬送等、人が作業しているスペースへの置き換えや従来のロボットの性能に加え、人に近い動作、作業内容、作業環境での利用を想定したロボットである。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、協調・共存ロボットの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Universal Robots(デンマーク)××××
川崎重工業××××
ABB××××
KUKA(ドイツ)××××
Techman Robot××××
ファナック××××
安川電機××××
デンソーウェーブ××××
不二越××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、協調・共存ロボットの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
118.6 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
12.8 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2017-2025年)
23.6 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2020-2025年)
30.5 % ★★★★★★★★★☆


出典:富士経済「2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 」2020年3月10日刊

Mpac掲載:2021/2/19