協調・共存ロボット

2016年│2017年2018年2019年2020年
2021年

2016年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2013年
2014年××
2015年××××
2016年(見)××××
2017年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

協調・共存ロボットは、従来の小型垂直多関節ロボットより更にスリム化・高速化を図り、組立作業や搬送等人が作業しているスペースへの置き換えや従来のロボットの性能に加え、人に近い動作、作業内容、作業環境での利用を想定した人と協調又は共存することを目的としたロボットを対象とする。
本稿では、Universal Robots「UR」シリーズ、Rethink Robotics「Baxter」「Sawyer」、川田工業「NEXTAGE」、安川電機「MOTOMAN-BMDA3」、ABB「YuMi」、川崎重工業「duAro」を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、協調・共存ロボットの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Universal Robots(デンマーク)××××
ABB(スイス)××××
川崎重工業××××
Rethink Robotics(アメリカ)××××
川田工業××××
その他××××
合計××100

2016年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、協調・共存ロボットの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2016年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2016/2015年)
210.3 % ★★★★★★★★★★
3年平均成長率
(2013-2016年)
- %
長期平均成長率
(2013-2020年)
- %
予測平均成長率
(2016-2020年)
37.5 % ★★★★★★★★★☆


出典:富士経済「2016 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望」2016年3月3日刊

Mpac掲載:2017/2/20