大豆イソフラボン

2005年│2008年2010年2011年2013年
2015年2016年2017年

2005年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2002年××
2003年××××
2004年××××
2005年(見)××××
2006年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2010年)

市場規模は各社のバルク(中間製品)量で算出した。大豆イソフラボンは女性ホルモンに類似した構造と作用を有することから、「植物性エストロゲン」とも呼ばれ、更年期障害の緩和や骨粗鬆症予防、美肌作用等が期待される素材である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、大豆イソフラボンの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
フジッコ××××
不二製油××××
J-オイルミルズ××××
キッコーマン××××
その他××××
合計××100

2005年 見込 (単位:kg、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、大豆イソフラボンの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2005年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2005/2004年)
140.0 % ★★★★★★★★★☆
3年平均成長率
(2002-2005年)
15.9 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2002-2010年)
6.1 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2005-2010年)
0.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2006年版 生物由来有用成分・素材市場徹底調査」2006年3月13日刊

Mpac掲載:2008/9/15