健康志向食品(アイケア)

2009年2010年2011年2012年2013年
2014年2015年2016年2017年2018年
2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本項では、ブルーベリー、ルテイン、カシス等の素材を中心に視覚改善を訴求したサプリメントを対象とする。
2020年は、シェアトップのわかさ生活は苦戦しており、その他企業も広告投下量の削減が目立った。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、健康志向食品(アイケア)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
わかさ生活××××
ナチュラリープラス××××
ファンケル××××
ディーエイチシー××××
えがお××××
八幡物産××××
ロート製薬××××
リフレ××××
小林製薬××××
日本アムウェイ××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、健康志向食品(アイケア)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
98.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-2.2 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018--年)
- %
予測平均成長率
(2021--年)
- %


出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 2022 No.1 <機能志向食品編>」2021年9月15日刊

Mpac掲載:2022/8/19