健康志向食品(グリーンチャージ)

2009年2010年2011年2012年2013年
2014年2015年2016年2017年2018年
2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本項では、野菜摂取の代替品の内、大麦若葉、ケールを筆頭に明日葉、桑の葉、小麦若葉、プチヴェール、長命草、杜仲葉等の素材からなる青汁や、藻類のミドリムシ(ユーグレナ)、クロレラ、スピルリナや野菜粒、その他(フルーツ青汁やグリーンスムージー、青汁+藻類商品)等の複数の栄養成分の補給や栄養バランス維持を目的とした商品を対象とする。
2020年は在宅生活が長引く中、食生活の乱れや野菜不足を解消しようとするニーズ、又体調管理の観点から栄養補給ニーズが高まった事で青汁商品の需要が回復し、市場は前年比増加に転じた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、健康志向食品(グリーンチャージ)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
アサヒ緑健××××
世田谷自然食品××××
ユーグレナグループ××××
山本漢方製薬××××
テレビショッピング研究所××××
クロレラ工業××××
ヤクルトヘルスフーズ××××
サン・クロレラジャパン××××
アリナミン製薬××××
やずや××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、健康志向食品(グリーンチャージ)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
102.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-0.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018--年)
- %
予測平均成長率
(2021--年)
- %


出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 2022 No.1 <機能志向食品編>」2021年9月15日刊

Mpac掲載:2022/8/19