健康志向食品(グリーンチャージ)

2009年2010年2011年│2012年│2013年
2014年2015年2016年2017年2018年
2019年2020年2021年

2012年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2009年××
2010年××××
2011年××××
2012年(見)××××
2013年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

健康志向食品(グリーンチャージ)は、野菜摂取の代替品の内、青汁/クロレラ/スピルリナ等緑色で複数の栄養成分の補給やバランス維持を目的とした成分を対象とする。
野菜の摂取量不足は、21世紀における国民健康づくり運動の〈健康日本21〉で推奨された値との格差から明確であり、野菜摂取の代替品は健康イメージや認知度が高いために根強い需要がある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、健康志向食品(グリーンチャージ)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
アサヒ緑健××××
キューサイ××××
テレビショッピング研究所××××
ヤクルトヘルスフーズ××××
やずや××××
ファンケル××××
山本漢方製薬××××
日本薬品開発××××
ミナト製薬××××
ダイショー××××
その他××××
合計××100

2012年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、健康志向食品(グリーンチャージ)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2012年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2012/2011年)
101.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2009-2012年)
1.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2009--年)
- %
予測平均成長率
(2012--年)
- %


出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 2013 No.1」2012年10月16日刊

Mpac掲載:2013/5/20