納豆

2006年│2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年2019年2020年

2006年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2003年××
2004年××××
2005年××××
2006年(見)××××
2007年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

納豆は、電波・紙媒体でナットウキナーゼやイソフラボンなどの効果・効能が紹介されたことで一種の「ブーム」が起き、1990年代は毎年プラス成長で推移してきた。2003年は前年までの成長の反動により市場は縮小し、2004年は記録的な猛暑によって消費者の購買意欲が減退し、僅かではあるが実績は減少した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、納豆の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
タカノフーズ××××
ミツカングループ××××
あづま食品××××
くめ・クオリティ・プロダクツ××××
旭松食品××××
ヤマダフーズ××××
マルキン食品××××
丸美屋××××
その他××××
合計××100

2006年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、納豆の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2006年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2006/2005年)
100.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2003-2006年)
-0.7 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2003-2011年)
-1.0 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2006-2011年)
-1.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2007年 食品マーケティング便覧 No.1」2006年9月12日刊

Mpac掲載:2008/9/15