農業用ドローン

2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年
2017年××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

本項では、上空からの農薬や液体肥料の散布用途で利用される回転翼型の農業用ドローンを対象とする。
農薬・肥料散布向けドローンは、農薬・肥料用のタンクやノズル等の噴霧ユニットが搭載されている他、液体を積んだ状態でも安定かつ正確な高度を維持しながら飛行する必要がある為、民生用ドローンとは異なった農業専用スペックで設計されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、農業用ドローンの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
DJI JAPAN××××
クボタ××××
エントール××××
TEAD××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、農業用ドローンの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
191.7 % ★★★★★★★★★★
3年平均成長率
(2016-2019年)
- %
長期平均成長率
(2016-2025年)
- %
予測平均成長率
(2019-2025年)
13.8 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「先進テクノロジーが変える!! 農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2019」2019年4月17日刊

Mpac掲載:2020/3/19