ラミネートチューブ

2009年2011年2014年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

ラミネートチューブは、PE、バリア層であるアルミ箔や透明蒸着フィルムなどを複層化したラミネート原反の表面に印刷を行い、チューブ1本分の寸法にカットしたシートを筒状に丸めて製造する。
当該品は、遮光性やバリア性に優れ、グラデーションや写真などの印刷ができ、マット仕上げ、箔押しなどの加工もできる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ラミネートチューブの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
共同印刷××××
大日本印刷××××
武内プレス工業××××
凸版印刷××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万本、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ラミネートチューブの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
104.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
3.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2023年)
2.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2023年)
2.3 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2019年 パッケージングマテリアルの現状と将来展望」2019年7月17日刊

Mpac掲載:2020/6/19