MOSFET/IPD

2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年
2017年
2018年××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2026年)

MOSFETは、ゲート絶縁酸化膜を金属とトランジスタで挟んだ構造を持ち、ゲート電圧を印加して反転層を形成し、これをチャンネルとして電流のオン、オフを行うスイッチング素子である。
低オン抵抗MOSFETと各種の保護回路をワンチップに集積させた半導体素子をIPD(インテリジェントパワーデバイス)といい、過熱、過電流、過電圧、負荷短絡に対して保護する役割を担っている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、MOSFET/IPDの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Infineon××××
ON Semiconductor××××
ルネサス××××
Vishay××××
STMicroelectronics××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:千個、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、MOSFET/IPDの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2019/2018年)
100.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
- %
長期平均成長率
(2016-2026年)
- %
予測平均成長率
(2019-2026年)
5.6 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士キメラ総研「車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2020 (下巻) 」2020年2月20日刊

Mpac掲載:2021/1/20