装着部品外観検査装置

2007年2008年│2009年

2009年 ××億円(国内市場+輸出)

市場規模の推移


販売金額前年比
2006年
2007年××
2008年××××
2009年(見)××××
2010年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2012年)

装着部品外観検査装置は、マウンタの装着ズレや部品落ちなどを検査する装置であり、マウント後に使用する製品である。
近年、部品装着後のチップの飛びが問題となり、2007年までは部品有無検査装置として需要が順調に拡大してきている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、装着部品外観検査装置の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
サキコーポレーション××××
サイクロン××××
オムロン××××
名古屋電機工業××××
ソニーマニュファクチュアリングシステムズ××××
その他××××
合計××100

2008年 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、装着部品外観検査装置の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2009年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2009/2008年)
60.5 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2006-2009年)
- %
長期平均成長率
(2006-2012年)
- %
予測平均成長率
(2009-2012年)
12.0 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「2009 画像処理システム市場の現状と将来展望」2009年10月15日刊

Mpac掲載:2010/11/15