クリームはんだ印刷外観検査装置

2007年2008年2009年2011年2012年
2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

本項では、電子部品の実装化等ではんだの高さや面積、体積、印刷ズレ等の計測を行うクリームはんだ印刷外観検査装置(SPI:Solder Paste Inspection)を対象とする。
2018年の用途別販売数構成比は、車載電装関連39%、スマートフォン関連32%、デジタル家電13%、パソコン・タブレット10%、その他6%である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、クリームはんだ印刷外観検査装置の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Koh Young Technology××××
CKD××××
Test Research, Inc××××
PARMI××××
MIRTEC××××
名古屋電機工業××××
CyberOptics××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、クリームはんだ印刷外観検査装置の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
88.5 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
1.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2022年)
2.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2022年)
2.4 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2019 画像処理システム市場の現状と将来展望」2019年12月25日刊

Mpac掲載:2020/11/20