センシティブロボット

2016年

2016年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2013年
2014年××
2015年××××
2016年(見)××××
2017年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

センシティブロボットは、ロボット本体に各種センサを内蔵し、速度制限や力制限、衝突防止、衝突回避などを行い、人のそばでの作業や人との協調作業での安全確保、力加減によりこれまで人の感性に頼っていたトランスミッションギアの嵌めこみ等の高度作業にも対応可能なロボットと定義した。
本稿では、KUKA Roboterの「LBR iiwa」、ファナックの「CR-35iA」を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、センシティブロボットの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
KUKA Roboter(ドイツ)××××
ファナック××××
その他××××
合計××100

2016年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、センシティブロボットの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2016年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2016/2015年)
217.5 % ★★★★★★★★★★
3年平均成長率
(2013-2016年)
- %
長期平均成長率
(2013-2020年)
- %
予測平均成長率
(2016-2020年)
72.1 % ★★★★★★★★★★


出典:富士経済「2016 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望」2016年3月3日刊

Mpac掲載:2017/2/20