パラレルリンクロボット

2021年

2021年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

本項では、並列リンク機構を制御し、高速で高精度なピック&プレース作業を行う事が可能なパラレルリンクロボットを対象とする。
当該ロボットは、小型垂直多関節ロボットやスカラロボット等のピック&プレースを得意とするロボットと比較すると高価格であるが、スピード面において優位性があり、三品関連(食品・医薬・化学品)での採用が多い。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、パラレルリンクロボットの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ABB(スイス)××××
ファナック××××
Omron Adept Technologies(米国)××××
川崎重工業××××
安川電機××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、パラレルリンクロボットの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
107.7 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-3.2 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2025年)
1.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2025年)
4.9 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2021 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 <FAロボット市場編>」2021年3月1日刊

Mpac掲載:2022/2/18