小型垂直多関節ロボット

2007年│2008年│2009年2011年2012年
2013年2014年2015年2016年2017年
2018年2019年2020年2021年

2008年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2005年××
2006年××××
2007年××××
2008年(見)××××
2009年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

小型垂直多関節ロボットは、部品の組立や搬送などに使用され、可搬重量3~20kg程度の垂直多関節ロボットを対象とする。
主に携帯電話、パソコン、自動車部品の組立や搬送工程などで採用されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、小型垂直多関節ロボットの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
デンソーウェーブ××××
三菱電機××××
安川電機××××
ファナック××××
Staubli (フランス)××××
川崎重工業××××
セイコーエプソン××××
その他××××
合計××100

2008年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、小型垂直多関節ロボットの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2008年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2008/2007年)
110.5 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2005-2008年)
14.6 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2005-2011年)
14.5 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2008-2011年)
14.5 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「2008 ワールドワイドFAロボット/RT関連市場の現状と将来展望」2008年8月29日刊

Mpac掲載:2009/9/15