セラミックコンデンサ

2004年2006年2007年│2008年│2009年
2010年2011年2012年2015年

2008年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2005年
2006年××
2007年××××
2008年(見)××××
2009年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2013年)

セラミックコンデンサは、チタン酸バリウム、酸化チタン等を誘電体材料とし、内部電極をパラジウムなどの貴金属等で構成する。
セラミック焼成技術を利用することで、均質で同時かつ大量に当該製品を生産可能となった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、セラミックコンデンサの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
村田製作所××××
TDK××××
太陽誘電××××
Yageo(台湾)××××
京セラ/AVX××××
その他××××
合計××100

2008年 見込 (単位:百万個、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、セラミックコンデンサの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2008年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2008/2007年)
84.6 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2005-2008年)
- %
長期平均成長率
(2005-2013年)
- %
予測平均成長率
(2008-2013年)
-0.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2009 有望電子部品材料調査総覧 (下巻)」2009年1月20日刊

Mpac掲載:2010/3/15