有機ELディスプレイ(中小型AMOLED)

2013年2014年2018年│2019年

2019年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年
2017年××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

本項では、TV、タブレット、産業用モニター用途を除く1in以上のAMOLEDを対象とし、1in未満のマイクロディスプレイは対象外とする。
AMOLEDは、LCDと比較して、コントラスト、視野角、応答速度に優れ、薄型・軽量化にも向く。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、有機ELディスプレイ(中小型AMOLED)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Samsung Display(韓国)××××
LG Display(韓国)××××
Ever Display(中国)××××
BOE(中国)××××
Visionox(中国)××××
Tianma(中国)××××
AUO(友達光電)(台湾)××××
シャープ××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:千枚、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、有機ELディスプレイ(中小型AMOLED)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★★★★★
前年比
(2019/2018年)
103.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
- %
長期平均成長率
(2016-2024年)
- %
予測平均成長率
(2019-2024年)
8.0 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2019 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (上巻)」2019年9月26日刊

Mpac掲載:2020/8/20