衣料用防虫剤

2007年2008年2009年2010年│2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年

2011年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2008年××
2009年××××
2010年××××
2011年(見)××××
2012年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

衣料用防虫剤は、市場を形成してきたパラジクロロベンゼン、ナフタリン・しょうのうから、衣服に特有のニオイが付かないピレスロイドへと需要移行が進んでいる。
当該市場は顧客層の年齢が40代以上であり、20~30代では防虫剤未使用者が増えている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、衣料用防虫剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
エステー××××
白元××××
大日本除虫菊××××
アース製薬××××
その他××××
合計××100

2011年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、衣料用防虫剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2011年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2011/2010年)
96.8 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2008-2011年)
-4.1 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2008--年)
- %
予測平均成長率
(2011--年)
- %


出典:富士経済「トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2011 No.1」2011年6月24日刊

Mpac掲載:2012/7/15