チークカラー

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年│2014年│2015年2016年
2017年2018年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2016年)

チークカラーは、頬を中心に塗布し、顔色の明るさや透明感・立体感を作るために使用する化粧料である。
2010年以降は、メーカー各社がチークカラーでの商品投入を活発化させており、単色のパウダータイプからジェル・クリームタイプ、またパウダータイプでも複数色のパレットで自然な血色感を演出するアイテムなどが投入されており、特に2012年は、「コフレドール スマイルアップチークス」(カネボウ化粧品)がヒットし同アイテムが市場を牽引し、市場は前年比110.3%と大幅に拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、チークカラーの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
カネボウ化粧品××××
コーセー××××
資生堂(含むインターナショナル)××××
カネボウコスメット××××
資生堂フィティット××××
P&Gマックスファクター××××
井田ラボラトリーズ××××
花王 プレステージ化粧品××××
シャネル××××
アルビオン××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、チークカラーの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
101.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
4.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2011-2016年)
2.6 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2014-2016年)
0.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「化粧品マーケティング要覧 2014 No.3」2014年5月22日刊

Mpac掲載:2014/11/20