三重県の人口・世帯数

人口|商業(小売業)工業・建築

人口  177.0万人(2020年) 世帯数  74.1万世帯(2020年)

人口・世帯数の推移(1970年~2040年) - 三重県





人口0~14歳15~64歳65歳~世帯高齢単身世帯
1970年154.3136.04104.4513.8242.09
1975年162.6038.56108.0116.0245.43
1980年168.6938.60111.3818.7047.671.38
1985年174.7337.19116.4521.0850.711.81
1990年179.2533.03121.8424.3454.482.39
1995年184.1430.36124.0429.7159.613.19
2000年185.7328.31122.2635.1063.544.22
2005年186.7026.67119.7340.0667.265.28
2010年185.4725.32114.2344.7170.326.28
2015年181.5923.35106.1650.1071.897.75
2020年177.0321.1199.7152.2174.128.84
2025年170.9819.9097.6653.4271.249.75
2030年164.5118.5292.3353.6669.8510.32
2035年157.5917.2986.4053.8967.8810.80
2040年150.3616.4378.5055.4365.5911.41

(単位:万人、万世帯)

昼間人口比率(2020年)上位20市区町村 - 三重県



順位 市区町村 昼間人口 夜間人口 昼間人口比率
1(1)いなべ市49,65444,973110.41
2(4)伊賀市94,91088,766106.92
3(2)鳥羽市18,57817,525106.01
4(5)四日市市319,793305,424104.70
5(3)多気町14,65014,021104.49
6(6)尾鷲市16,73416,252102.97
7(7)津市282,357274,537102.85
8(8)熊野市16,25415,965101.81
9(10)伊勢市122,959122,765100.16
10(9)亀山市49,76349,83599.86
11(12)紀北町14,11814,60496.67
12(11)玉城町14,51515,04196.50
13(14)大台町8,3208,66895.99
14(13)御浜町7,7328,07995.70
15(16)松阪市152,292159,14595.69
16(15)川越町14,39615,12395.19
17(19)木曽岬町5,7326,02395.17
18(17)鈴鹿市185,194195,67094.65
19(21)南伊勢町10,36210,98994.29
20(18)志摩市43,01546,05793.40

※()内の数値は2015年の順位
(単位:人、%)

年代別転出者数・転入者数 - 三重県




10代
以下
20代 30代 40代 50代 60代
以上
2017年-1,048-2,410-191-21914-21
2018年-1,063-2,235-398-175-64-168
2019年-901-3,202-762-576-287-264
2020年-796-2,956-253-177-31-62
2021年-913-2,311-162-197-16179
2022年
1-9月
-821-2,243-131-134-134-31

(単位:人)

延べ宿泊者数(年次・月次) - 三重県




日本人 外国人 日本人 外国人
2011年7,477,68090,9901月426,6801,440
2012年8,240,03094,6602月331,8901,280
2013年9,555,550130,8903月623,2001,310
2014年8,615,840178,5204月539,9302,770
2015年9,067,080391,7405月599,9203,390
2016年8,952,580351,8706月459,3602,240
2017年7,984,870334,2307月550,1702,390
2018年8,560,080340,5808月759,6703,740
2019年8,210,940388,9509月
2020年5,010,51058,56010月
2021年5,028,46016,75011月
2022年4,290,82018,56012月

(単位:人泊=宿泊人数×宿泊数)


出典:総務省「国勢調査」「住民基本台帳人口移動報告」国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」観光庁「宿泊旅行統計」