栃木県の人口・世帯数

人口|商業(小売業)工業・建築

人口  193.3万人(2020年) 世帯数  79.5万世帯(2020年)

人口・世帯数の推移(1970年~2040年) - 栃木県





人口0~14歳15~64歳65歳~世帯高齢単身世帯
1970年158.0038.90106.9612.1439.85
1975年169.8041.41114.3114.0745.19
1980年179.2243.32119.1116.7448.820.85
1985年186.6142.58124.3919.6352.051.18
1990年193.5238.01131.5223.8557.151.62
1995年198.4433.93135.0629.2962.322.22
2000年200.4830.69135.2334.4566.593.12
2005年201.6628.52133.6539.0970.524.14
2010年200.7726.98128.1343.8274.425.29
2015年197.4325.28120.3650.8476.196.98
2020年193.3122.76111.5655.4479.548.54
2025年187.2821.57108.4857.2376.609.19
2030年180.5920.10103.1857.3275.499.81
2035年173.0418.7096.9357.4273.5610.34
2040年164.7317.6088.3658.7771.1111.02

(単位:万人、万世帯)

昼間人口比率(2020年)上位20市区町村 - 栃木県



順位 市区町村 昼間人口 夜間人口 昼間人口比率
1(1)芳賀町30,03314,961200.74
2(2)那須町25,38723,956105.97
3(3)大田原市76,06972,087105.52
4(4)宇都宮市535,910518,757103.31
5(6)小山市166,913166,666100.15
6(5)上三川町30,70630,80699.68
7(8)佐野市115,777116,22899.61
8(7)真岡市76,69778,19098.09
9(9)鹿沼市91,76394,03397.59
10(11)栃木市149,917155,54996.38
11(10)足利市139,278144,74696.22
12(13)日光市74,20677,66195.55
13(15)那須烏山市23,68824,87595.23
14(12)矢板市29,51131,16594.69
15(14)那須塩原市108,819115,21094.45
16(17)壬生町36,73539,47493.06
17(16)さくら市40,95944,51392.02
18(19)下野市54,53959,50791.65
19(21)市貝町10,25311,26291.04
20(18)那珂川町13,80815,21590.75

※()内の数値は2015年の順位
(単位:人、%)

年代別転出者数・転入者数 - 栃木県




10代
以下
20代 30代 40代 50代 60代
以上
2017年-687-1,312-37-84-171511
2018年-691-2,100-200-1415387
2019年-896-2,263-345-189-66479
2020年-662-2,07820948154491
2021年-518-1,50927550148743
2022年
1-11月
-716-2,26954230281732

(単位:人)

延べ宿泊者数(年次・月次) - 栃木県




日本人 外国人 日本人 外国人
2011年8,618,62077,3001月600,3302,490
2012年9,655,320106,9102月440,9101,020
2013年9,538,180178,9603月696,5701,750
2014年9,422,940159,4004月710,3804,570
2015年10,057,310231,5405月854,1803,610
2016年10,064,410252,4306月724,1503,460
2017年9,952,440271,8107月809,2602,660
2018年9,146,170323,3908月1,090,5002,210
2019年9,205,040354,8309月852,2804,590
2020年6,414,45062,69010月980,87010,860
2021年6,746,08024,13011月
2022年7,759,43037,22012月

(単位:人泊=宿泊人数×宿泊数)


出典:総務省「国勢調査」「住民基本台帳人口移動報告」国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」観光庁「宿泊旅行統計」