立体自動倉庫システム

2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内(日系+外資)+海外(日系)販売)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

立体自動倉庫は、コンピュータで制御された立体的な多層棚へ、物品を自動入出庫する装置である。
本項では、立体自動倉庫システムを対象とし、半導体や液晶パネル製造工程でウエハ等を一時保管する「ストッカ」は対象外とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、立体自動倉庫システムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ダイフク××××
村田機械××××
IHI物流産業システム××××
住友重機械搬送システム××××
西部電機××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、立体自動倉庫システムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
103.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
6.8 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2025年)
7.4 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2025年)
7.7 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2020」2020年11月16日刊

Mpac掲載:2021/10/20