次世代物流ロボットシステム

2018年│2019年

2019年 ××億円(国内(日系+外資)+海外(日系)販売)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

本項では、物流向けに活用される3Dビジョンシステム(カメラ、照明、コントローラ、ソフトウエア等)と、垂直多関節ロボットを組み合わせピッキングや出荷、パレタイジング等を行う3Dロボットビジョンシステム(3DRBシステム)を搭載したロボットを対象とする。
近年、物流現場で人手不足が深刻化し人件費も高騰している中、省人化、効率化を進めていく中で、3DRBシステムは注目されている
現状3DRBシステムは完全に確立された技術ではない為、トライアル案件が多く、ユーザーと共に実証を行っている段階である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、次世代物流ロボットシステムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
MUJIN××××
Kyoto Robotics××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、次世代物流ロボットシステムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
128.6 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
108.0 % ★★★★★★★★★★
長期平均成長率
(2016-2025年)
62.3 % ★★★★★★★★★★
予測平均成長率
(2019-2025年)
43.3 % ★★★★★★★★★☆


出典:富士経済「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2019」2019年11月8日刊

Mpac掲載:2020/10/20