通信販売(書籍)

2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

本項は、書籍を対象とし、電子書籍は対象外とする。
書籍市場は、若年層を中心とした活字離れやインターネットの普及による読書機会の減少から長らくマイナス推移を辿ってきたが、書籍の通販市場は2000年に「Amazon.co.jp」が日本市場に参入して以降、同社を筆頭に書店等の実店舗からECサイトへの需要シフトが進み、市場は伸長が続いてきた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(書籍)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Amazon.co.jp(自社通販分)××××
楽天ブックス××××
セブンネットショッピング××××
虎の穴××××
紀伊國屋書店××××
ブックオフコーポレーション××××
トゥ・ディファクト××××
エーツー××××
ヨドバシカメラ××××
ローソンエンタテインメント××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(書籍)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★★☆☆
前年比
(2018/2017年)
106.2 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
8.9 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2020年)
5.7 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2020年)
1.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2019」2019年2月25日刊

Mpac掲載:2020/1/20