通信販売(服飾雑貨)

2016年2017年2018年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本項では、靴、バッグ、宝飾品等のアイテムを対象とする。
当該市場は、宝石などの高単価商材も多く経済環境に大きく影響を受ける傾向にあるが、テレビ通販企業の好調が全体を後押しして、市場拡大が続いてきた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(服飾雑貨)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ZOZO××××
ジュピターショップチャンネル××××
Amazon.co.jp(自社通販分)××××
エービーシー・マート××××
GSTV××××
ロコンド××××
アダストリア××××
QVCジャパン××××
ベルーナ××××
スクロール××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(服飾雑貨)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★★★★☆☆
前年比
(2021/2020年)
106.5 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
5.7 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2018--年)
- %
予測平均成長率
(2021--年)
- %


出典:富士経済「通販・e―コマースビジネスの実態と今後 2021」2021年2月19日刊

Mpac掲載:2022/1/14