抵抗スポット溶接装置

2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年
2015年××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

抵抗溶接は、溶接材料の金属を重ね合わせ、溶接する箇所を電極で挟み圧力を加えながら電流を流すことで接合する溶接方法である。抵抗溶接には、標準的な抵抗溶接である抵抗スポット溶接、ローラ型の電極を回転させ抵抗スポット溶接を連続的に行うシーム溶接等がある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、抵抗スポット溶接装置の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
電元社トーア××××
OBARA××××
アマダミヤチ××××
ダイヘン××××
日本アビオニクス××××
パナソニックスマートファクトリーソリューションズ××××
中央製作所××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、抵抗スポット溶接装置の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
102.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
- %
長期平均成長率
(2014-2022年)
- %
予測平均成長率
(2017-2022年)
2.4 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「メタルプロセッシング・インダストリー関連市場の全貌 2018」2018年1月11日刊

Mpac掲載:2019/7/31