高機能鮮度保持フィルム

2009年2011年2014年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

鮮度保持フィルムは、青果物の流通時の鮮度保持や比較的短時間の貯蔵を目的として、青果物のMA(Modified Atmosphere)包装などに使用されるフィルムである。
MA包装は、外気からの酸素の取り入れと二酸化炭素の排出量をコントロールすることで、青果物の呼吸活動を抑制し、青果物の鮮度を保つ方法である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、高機能鮮度保持フィルムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
住友ベークライト××××
三井化学東セロ××××
東洋紡××××
フタムラ化学××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:トン、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、高機能鮮度保持フィルムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
101.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
0.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2023年)
0.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2023年)
1.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2019年 パッケージングマテリアルの現状と将来展望」2019年7月17日刊

Mpac掲載:2020/6/19