リチウムイオン電池用セパレータ

2006年2007年2008年2009年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2018年

2018年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

リチウムイオン二次電池(以下、LiB)におけるセパレーターは、正極材と負極材の間に位置し、電極同士が直接触れて回路がショートするのを防ぐことを主な目的とした部材である。出力特性等に影響を与えるが、LiBの性能に大きく寄与する正/負極材とは異なり、LiBの安全性を確保する為に使用される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、リチウムイオン電池用セパレータの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
旭化成××××
上海恩捷新材料科技××××
東レ××××
深圳市星源材質科技××××
SK Innovation(韓国)××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:千m2、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、リチウムイオン電池用セパレータの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
111.2 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
19.5 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2015-2022年)
19.8 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2018-2022年)
20.1 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士キメラ総研「2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (下巻) <ライフ・インダストリーフィルム編>」2019年1月29日刊

Mpac掲載:2019/12/20