EGRバルブ

2007年2008年2010年2012年2014年
2016年│2018年

2018年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2030年)

EGRバルブは、NOx(酸化窒素)の発生を抑制する為に、一度エンジンで燃焼した排気ガスの一部を吸気側に再度戻し、内燃機関の燃焼室の温度を下げることによってNOxの発生を抑制する技術(EGR:排気再循環)で使用される部品である。
当該製品は、NOxを多く排出するディーゼル車に多く使用されていたが、ストイキ燃焼を行う直噴ガソリンエンジンにも採用が広がっている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、EGRバルブの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Rheinmetall××××
Continental(ドイツ)××××
三菱電機××××
デンソー××××
愛三工業××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:千個、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、EGRバルブの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
103.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2030年)
- %
予測平均成長率
(2018-2030年)
1.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2018 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧」2018年7月3日刊

Mpac掲載:2019/3/20