画像処理用レンズ

2013年2014年2015年2017年2018年
2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

本項では、マシンビジョン向けに利用されるCCTVレンズ、マクロレンズ、テレセントリックレンズなどを対象とする。
2020年は、新型コロナウイルスの流行により経済活動に影響が出たものの、中国では早くから回復傾向にあり、市場の縮小は最小限にとどまった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、画像処理用レンズの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ヴイ・エス・テクノロジー××××
モリテックス××××
リコー××××
Schneider-Kreuznach(ドイツ)××××
Edmund Optics(米国)××××
Qioptiq Photonics(米国)××××
CBC××××
興和オプトロニクス××××
AZURE Photonics(中国)××××
富士フイルム××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、画像処理用レンズの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
114.6 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
1.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2024年)
4.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2024年)
7.6 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2022年版 画像処理システム市場の現状と将来展望」2021年12月24日刊

Mpac掲載:2022/11/18