赤外線カメラ(赤外線サーモグラフィ)

2012年2013年2014年2015年2017年
2018年│2019年

2019年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

赤外線サーモグラフィは、赤外線の検出素子とレンズによって素子上に結像させ、電気変換された値を温度変換して、画像として表示する装置である。
本項は、電気設備・機械設備診断や構造物・住宅検査などの産業・民生用途で利用される製品を対象とし、軍事用途は対象外とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、赤外線カメラ(赤外線サーモグラフィ)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
FLIR Systems(米国)××××
FLUKE(米国)××××
日本アビオニクス××××
Testo××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、赤外線カメラ(赤外線サーモグラフィ)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
101.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
4.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2022年)
5.2 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2022年)
5.7 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2019 画像処理システム市場の現状と将来展望」2019年12月25日刊

Mpac掲載:2020/11/20