産業用エリアスキャンカメラ

2007年2008年2009年2011年2012年
2013年2014年2015年2017年2018年
2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

本項では、工場・プラント内などFA(Factory Automation)用途で使用される、CMOS/CCDエリアイメージセンサ搭載のエリアスキャンカメラを対象とする。
当該製品は、位置決め、有無の確認、ポカ除け、検査、計測などの用途で使用され、医療、科学、セキュリティカメラなど、FA以外の用途は対象外とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、産業用エリアスキャンカメラの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Basler(ドイツ)××××
Hangzhou Hikrobot Technology××××
東芝テリー××××
JAI××××
オムロンセンテック××××
IDS Imaging Development Systems××××
DAHENG IMAGING(中国)××××
Zhejiang HuaRay Technology(中国)××××
Allied Vision Technologies××××
ソニー××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、産業用エリアスキャンカメラの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
117.8 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
3.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2024年)
6.1 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2024年)
8.7 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2022年版 画像処理システム市場の現状と将来展望」2021年12月24日刊

Mpac掲載:2022/11/18