カラー画像処理装置

2005年

2005年 ××億円(国内企業の販売)

市場規模の推移


販売金額前年比
2002年
2003年××
2004年××××
2005年(見)××××
2006年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2009年)

カラー画像処理の技術開発に積極的なメーカーはキーエンスである。松下電工やオムロンはラインナップの一つといった位置付けであり、カラー画像処理装置が販売実績に大きく貢献するようなケースは少ない。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、カラー画像処理装置の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
キーエンス××××
オムロン××××
松下電工××××
シャープマニファクチャリングシステム××××
倉敷紡績××××
ニレコ××××
その他××××
合計××100

2004年 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、カラー画像処理装置の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2005年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2005/2004年)
100.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2002-2005年)
- %
長期平均成長率
(2002-2009年)
- %
予測平均成長率
(2005-2009年)
1.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2005 画像処理システム市場の現状と将来展望」2005年6月14日刊

Mpac掲載:2008/9/15