三次元デジタイザ

2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

三次元デジタイザは、1~2台のカメラとプロジェクタなどの光源を用いることで、三画測量の原理により三次元画像情報を取得する。画素数は5~16Mなどが主流である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、三次元デジタイザの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
GOM××××
Carl Zeiss(カールツァイス)××××
Hexagon Manufacturing Intelligence××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、三次元デジタイザの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
103.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
6.4 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2022年)
6.1 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2022年)
5.8 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2019 画像処理システム市場の現状と将来展望」2019年12月25日刊

Mpac掲載:2020/11/20