画像処理装置(筐体型)

2007年2008年2009年2011年2012年
2013年2014年2015年2017年2018年
2019年│2020年

2020年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

画像処理装置(筐体型)は、ドラッグアンドドロップなどの操作によりコンピュータ言語に関する知識が無くても容易に画像処理システムの構築が可能なメニュー方式を採用し、専用コントローラで処理するものを対象とする。
近年、様々なセンサからの置き換えやカメラを活用した新たな判別・確認方法の開拓など、従来の画像処理装置の用途を拡大する方向に進んでいる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、画像処理装置(筐体型)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Cognex(コグネックス)××××
キーエンス××××
オムロン××××
ヴィスコ・テクノロジーズ××××
パナソニック デバイスSUNX××××
ファースト××××
シャープ××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、画像処理装置(筐体型)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
101.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
-0.7 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2023年)
4.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2023年)
9.2 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2020 画像処理システム市場の現状と将来展望」2020年12月10日刊

Mpac掲載:2021/11/19