グレースケール画像処理装置(筐体)

2005年

2005年 ××億円(国内企業の販売)

市場規模の推移


販売金額前年比
2002年
2003年××
2004年××××
2005年(見)××××
2006年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2009年)

2004年下期から市場拡大にブレーキが掛かっており、2005年4月頃には回復するとの見通しが4月以降との見込みにズレ込んでいる。ユーザーが2001年の教訓から設備投資を段階的に行うように心掛けた為、2004年まで好調であった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、グレースケール画像処理装置(筐体)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
松下電工××××
オムロン××××
キーエンス××××
シャープマニファクチャリングシステム××××
コグネックス××××
ファースト××××
山武××××
その他××××
合計××100

2004年 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、グレースケール画像処理装置(筐体)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2005年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2005/2004年)
101.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2002-2005年)
- %
長期平均成長率
(2002-2009年)
- %
予測平均成長率
(2005-2009年)
3.1 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2005 画像処理システム市場の現状と将来展望」2005年6月14日刊

Mpac掲載:2008/9/15