産業用圧力センサ

2007年2008年│2009年

2009年 ××億円(国内(日系+外資)+海外(日系)販売)

市場規模の推移


販売金額前年比
2006年××
2007年××××
2008年××××
2009年(見)××××
2010年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2012年)

産業用圧力センサ(完成品はトランスミッサ)は圧力による形状変化の特性を活用した製品である。
但し、圧力センサ素子、車載用圧力センサ、業務用圧力センサ、一般民生家電、プロセス専用周辺機器領域及び機械式の圧力計は対象外とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、産業用圧力センサの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
長野計器××××
日本電産コパル電子××××
SMC××××
サンクス××××
バルコム××××
ハネウェルジャパン××××
横河電機××××
妙徳××××
CKD××××
その他××××
合計××100

2008年 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、産業用圧力センサの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2009年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2009/2008年)
57.2 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2006-2009年)
-18.9 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2006-2012年)
-1.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2009-2012年)
19.9 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「2009~2010年 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査」2009年9月29日刊

Mpac掲載:2010/11/15