産業用RFIDシステム

2007年2016年│2017年

2017年 ××億円(国内(日系+外資)+海外(日系)販売)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

RFIDシステムは個体管理の元となるタグ、ID情報の読み取り・書き込みを行うアンテナ(リーダ/ライタ部)、PLC等の上位機器の指示に従い、タグへのID読み書きを制御するコントローラユニットに分けられ、これらを統合したものである。
当該製品は、使用する周波数帯(UHF/HF/LF/マイクロ波等)による製品区分に分けられると同時に、工場におけるワーク/部品等への個体識別用(FA用)や、物流施設におけるID管理用(LA用)等の市場・用途別の区分がされるが、本稿ではFA・LA双方における固定型アンテナを備えたRFIDシステムを対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、産業用RFIDシステムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
オムロン××××
キーエンス××××
ビー・アンド・プラス××××
ジック××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、産業用RFIDシステムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
119.5 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
7.2 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2014-2020年)
5.5 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2017-2020年)
3.9 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2017年 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査」2017年10月3日刊

Mpac掲載:2018/9/20