プログラマブル表示器

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2016年│2017年

2017年 ××億円(国内(日系+外資)+海外(日系)販売)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

プログラマブル表示器は、PLCやボードコンピュータ等各種コントローラと接続して稼動監視やモニタリングあるいは制御指示等を行うタッチパネルディスプレイである。
2016年の国内用途別販売数構成比は、セット機械72%(食品・ 包装機械17%、半導体・液晶製造装置25%、ロボット・ 実装・組立機械4%、製紙・印刷・コンバーティング装置4%、搬送・昇降機械4%、その他18%)、エンドユーザ27%(電機・電子6%、自動車関連5%、食品・薬品・化学5%、その他11%)、その他1%である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、プログラマブル表示器の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
シュナイダーエレクトリック××××
三菱電機××××
キーエンス××××
オムロン××××
発紘・富士電機グループ××××
光洋電子工業××××
パナソニック デバイスSUNX××××
IDEC××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、プログラマブル表示器の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
109.1 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
4.6 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2014-2020年)
4.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2017-2020年)
5.0 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2017年 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査」2017年10月3日刊

Mpac掲載:2018/9/20