ロータリチップマウンタ

2005年

2005年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2002年
2003年××
2004年××××
2005年(見)××××
2006年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

ロータリーチップマウンタは大量生産される携帯電話端末向けの実績が多く、同製品を含む電機・電子分野が2004年では全体の37.2%、次にEMS(電子機器設計製造サービス)向けが33.5%となっている。ヘッド部がロータリータイプであり、装着速度が0.1秒/個以下の高速マシンが対象となる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ロータリチップマウンタの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
富士機械製造××××
日立ハイテクノロジーズ××××
パナソニックファクトリーソリューションズ××××
Universal Instruments××××
合計××100

2005年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ロータリチップマウンタの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2005年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2005/2004年)
95.7 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2002-2005年)
- %
長期平均成長率
(2002--年)
- %
予測平均成長率
(2005--年)
- %


出典:富士経済「2005年版 ワールドワイドFA・ロボット関連市場の全貌」2005年3月29日刊

Mpac掲載:2008/9/15