デジタルCATVチューナ

2006年│2007年

2007年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2004年
2005年××
2006年××××
2007年××××
2008年(見)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2012年)

CATVは、アンテナ方式では映りの悪い地域をCATVで補完するために開発されたサービスである。
当初は、テレビ局の送信所から遠く離れ電波が受信できない地域や、山かげで電波が遮断される山間部におけるソリューションの1つであった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、デジタルCATVチューナの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 実績シェア
Motorola(米国)××××
Thomson(フランス)××××
パナソニックエレクトロニックデバイス(PED)××××
村田製作所××××
アルプス電気××××
その他××××
合計××100

2007年 実績 (単位:千個、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、デジタルCATVチューナの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2007年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2007/2006年)
114.8 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2004-2007年)
- %
長期平均成長率
(2004-2012年)
- %
予測平均成長率
(2007-2012年)
4.6 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2008 有望電子部品材料調査総覧 (下巻)」2008年1月31日刊

Mpac掲載:2009/3/15