電子ペーパー

2007年2008年2009年2011年│2012年
2013年2014年2018年

2012年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2009年
2010年××
2011年××××
2012年(見)××××
2013年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2017年)

電子ペーパーは、印刷物の利点である読み易さと書き換えが自由な電子ディスプレイの長所を組み合わせた表示媒体である。
当該製品は「反射・メモリー型ディスプレイ」と「リライタブルペーパー」に分類される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、電子ペーパーの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
E Ink Holdings(台湾)××××
LG Display(韓国)××××
ブリヂストン××××
AUO(友達光電)(台湾)××××
その他××××
合計××100

2011年 (単位:千枚、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、電子ペーパーの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2012年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2012/2011年)
105.3 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2009-2012年)
- %
長期平均成長率
(2009-2017年)
- %
予測平均成長率
(2012-2017年)
8.5 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2012 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 Vol.1」2012年7月6日刊

Mpac掲載:2013/2/28