犬用療法食(処方食)

2006年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

犬用療法食(処方食)は、犬が抱える特定の疾患に対して栄養的に対応する 為、その特定の症状に合わせて栄養バランスが調整され、動物病院で獣医師の助言に基づき給餌される療法食を対象とする。
療法食は、食物アレルギーや尿石症、肥満、腎臓病、胃腸障害等のターゲット疾患や疾患の重篤度等に応じて品揃えされている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、犬用療法食(処方食)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ロイヤルカナンジャポン××××
日本ヒルズ・コルゲート××××
エランコジャパン××××
インターベット××××
森乳サンワールド××××
動物アレルギー検査××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、犬用療法食(処方食)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
104.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
4.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015--年)
- %
予測平均成長率
(2018--年)
- %


出典:富士経済「2018年 ペット関連市場マーケティング総覧」2018年3月27日刊

Mpac掲載:2019/2/20