オールインワンスキンケア

2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

オールインワンスキンケアは化粧水、乳液、美容液等の3種類以上のスキンケアステップが1品で完了することを訴求した商品を対象とする。但し、クレンジングや洗顔料等の洗浄系商品は対象外とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、オールインワンスキンケアの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
新日本製薬××××
ドクターシーラボ××××
キューサイ××××
イプサ××××
ディーエイチシー××××
メディプラス××××
資生堂フィティット××××
ロート製薬××××
フォーデイズ××××
コーセーコスメポート××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、オールインワンスキンケアの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
110.3 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
12.2 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2015--年)
- %
予測平均成長率
(2018--年)
- %


出典:富士経済「機能性化粧品マーケティング要覧 2018~2019」2018年12月11日刊

Mpac掲載:2019/11/20