カルシウム剤

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2021年)

カルシウム剤は、妊娠中や授乳期、小児の発育期、高齢期等のカルシウム補給や酸性体質、虚弱体質の栄養補給、虚弱体質、腺病質、妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止を訴求した製品を対象とする。
当該市場は、カルシウムを成分としている第3類の製品と、カルシウムの吸収を促進するビタミンD3やカルシウムとの相乗効果で骨形成を促進するマグネシウムを含むカルシウム製品である第2類の製品で構成されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、カルシウム剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
全薬工業××××
ワダカルシウム製薬××××
武田コンシューマーヘルスケア××××
森田薬品工業××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、カルシウム剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
99.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-1.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2021年)
-1.0 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2021年)
-0.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 一般用医薬品データブック No.1」2018年7月2日刊

Mpac掲載:2019/5/20