外用消炎鎮痛剤

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2026年)

外用消炎鎮痛剤は、パップ、プラスター等の貼付剤と液、ゲル、軟膏、スプレー等の塗布剤に分類され、有効成分の浸透力や皮膚に直接塗布する等、製剤的な特徴を持つ医薬品を対象とする。
当該市場は、有効成分のスイッチOTC化によって市場拡大を続け、2015年以降はジクロフェナク製剤の第2類への引き下げに続き、ロキソプロフェンが解禁され、効果感を訴求した商品が拡充され、市場は好調な推移を維持している。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、外用消炎鎮痛剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
久光製薬××××
興和××××
第一三共ヘルスケア××××
小林製薬××××
ライオン××××
ニチバン××××
グラクソ・スミスクライン・CHJ××××
大正製薬××××
祐徳薬品工業××××
大鵬薬品工業××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、外用消炎鎮痛剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
104.7 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-1.2 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2026年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2026年)
1.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2021 一般用医薬品データブック No.2」2021年6月24日刊

Mpac掲載:2022/5/20