パウチゼリー飲料

2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

パウチゼリー飲料は、ゲル化剤を用いて液体をゼリー状に固めた飲用目的のスパウト付パウチ容器入り商品を対象とする。
当該市場は、2011年の東日本大震災によって包材不足が起き、同年販売額は前年比二桁減となったが、消費者の備蓄ニーズが高まったことから2012年は大幅な伸長をみせた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、パウチゼリー飲料の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
森永製菓××××
コカ・コーラシステム××××
味の素××××
明治××××
大塚グループ××××
ハウスウェルネスフーズ××××
マンナンライフ××××
オリヒロ××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、パウチゼリー飲料の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
99.2 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
7.5 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2024年)
3.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2024年)
1.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2020年 食品マーケティング便覧 No.6」2020年2月25日刊

Mpac掲載:2021/1/20