(高齢者向け)とろみ調整食品・固形化補助剤

2015年│2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

当該市場は、加齢や疾病等により嚥下機能の低下した嚥下困難者向けに飲料や食事にとろみを付けることを目的とした商品を対象とする。尚、水やお茶、みそ汁等の飲料、汁物に使用する商品をとろみ調整食品、おかゆやミキサー食、キザミ食に粘度を与え、ゼリーやムース状に仕上げる商品を固形化補助剤に含む。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、(高齢者向け)とろみ調整食品・固形化補助剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
クリニコ××××
ニュートリー××××
フードケア××××
明治××××
日清オイリオグループ××××
キッセイ薬品工業××××
協和発酵バイオ××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、(高齢者向け)とろみ調整食品・固形化補助剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
102.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
3.6 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2014-2025年)
2.5 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2017-2025年)
2.1 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「高齢者向け食品市場の将来展望 2017」2017年8月4日刊

Mpac掲載:2018/7/20