岐阜県の人口・世帯数

人口|商業(小売業)工業・建築

人口  197.9万人(2020年) 世帯数  77.9万世帯(2020年)

人口・世帯数の推移(1970年~2040年) - 岐阜県





人口0~14歳15~64歳65歳~世帯高齢単身世帯
1970年175.9042.69119.3813.8347.57
1975年186.8046.30124.4616.0250.79
1980年196.0147.07129.9418.9953.830.96
1985年202.8544.87135.9322.0456.611.32
1990年206.6638.77141.5326.2660.101.83
1995年210.0334.77143.0332.2264.352.53
2000年210.7732.28140.1138.3267.803.45
2005年210.7230.58135.7644.2171.024.47
2010年208.0828.97128.2849.9473.575.73
2015年203.1926.70118.5456.7675.177.31
2020年197.8724.05110.5259.3877.908.52
2025年190.1122.50107.2760.3474.339.31
2030年182.0920.73101.2060.1772.899.92
2035年173.5219.1894.3060.0470.9010.45
2040年164.5918.0985.1861.3268.6311.17

(単位:万人、万世帯)

昼間人口比率(2020年)上位20市区町村 - 岐阜県



順位 市区町村 昼間人口 夜間人口 昼間人口比率
1(4)美濃市20,22419,247105.08
2(19)富加町5,9005,626104.87
3(1)大垣市163,768158,286103.46
4(3)白川村1,5491,511102.51
5(5)関市87,25485,283102.31
6(2)岐阜市411,497402,557102.22
7(6)高山市85,34584,419101.10
8(16)本巣市33,06232,928100.41
9(7)下呂市30,29730,42899.57
10(9)中津川市75,47776,57098.57
11(13)関ケ原町6,4986,61098.31
12(14)恵那市46,94347,77498.26
13(10)郡上市38,27638,99798.15
14(8)美濃加茂市55,37856,68997.69
15(18)輪之内町9,4319,65497.69
16(12)揖斐川町19,03719,52997.48
17(17)飛騨市21,83322,53896.87
18(11)岐南町24,94925,88196.40
19(23)可児市96,28999,96896.32
20(20)土岐市53,19555,34896.11

※()内の数値は2015年の順位
(単位:人、%)

年代別転出者数・転入者数 - 岐阜県




10代
以下
20代 30代 40代 50代 60代
以上
2017年-1,021-4,379-569-109102-132
2018年-1,115-4,288-29148-15-140
2019年-1,103-4,790-393-18035-263
2020年-964-4,882-418-756762
2021年-1,063-4,565-145-87131-4
2022年
1-11月
-645-4,15316910725

(単位:人)

延べ宿泊者数(年次・月次) - 岐阜県




日本人 外国人 日本人 外国人
2011年5,441,560134,0801月331,8501,900
2012年5,570,240260,0902月254,1801,560
2013年5,625,740416,7403月384,610450
2014年5,500,970597,6904月402,1701,850
2015年5,847,350930,6605月494,1702,890
2016年5,370,9101,013,4906月403,9603,570
2017年5,230,310975,0607月449,5801,930
2018年5,367,3101,484,3208月651,7005,670
2019年5,643,9801,660,3309月503,4203,190
2020年4,210,250289,70010月558,95014,350
2021年3,789,04032,65011月
2022年4,434,59037,36012月

(単位:人泊=宿泊人数×宿泊数)


出典:総務省「国勢調査」「住民基本台帳人口移動報告」国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」観光庁「宿泊旅行統計」