茨城県の人口・世帯数

人口|商業(小売業)工業・建築

人口  286.7万人(2020年) 世帯数  118.2万世帯(2020年)

人口・世帯数の推移(1970年~2040年) - 茨城県





人口0~14歳15~64歳65歳~世帯高齢単身世帯
1970年214.3653.42144.0116.9353.73
1975年234.2258.02156.5319.6461.46
1980年255.8062.85169.2423.6569.091.17
1985年272.5062.75181.8727.8575.661.59
1990年284.5455.90194.3833.8882.952.22
1995年295.5550.54203.0041.8692.053.07
2000年298.5745.85203.0449.5798.384.24
2005年297.5242.29197.4257.63102.955.68
2010年296.9839.96189.1766.51108.677.54
2015年291.7036.44174.7377.17112.2410.01
2020年286.7033.37163.8283.99118.1612.56
2025年275.0230.34156.7787.90112.6013.97
2030年263.8227.93147.6188.27110.5315.00
2035年251.2125.68136.8788.67107.2715.95
2040年237.6123.93122.9990.70103.2917.10

(単位:万人、万世帯)

昼間人口比率(2020年)上位20市区町村 - 茨城県



順位 市区町村 昼間人口 夜間人口 昼間人口比率
1(1)五霞町12,1458,093150.07
2(2)水戸市295,673270,685109.23
3(3)土浦市155,055142,074109.14
4(5)日立市185,583174,508106.35
5(4)つくば市254,873241,656105.47
6(6)鹿嶋市70,55766,950105.39
7(7)神栖市99,67995,454104.43
8(8)常総市62,54860,834102.82
9(9)大洗町15,77415,715100.38
10(10)東海村37,68837,89199.46
11(12)境町23,83824,20198.50
12(11)下妻市41,80542,52198.32
13(13)小美玉市47,96948,87098.16
14(17)稲敷市38,25439,03997.99
15(19)美浦村14,29814,60297.92
16(14)ひたちなか市152,640156,58197.48
17(15)筑西市97,062100,75396.34
18(16)常陸大宮市37,31539,26795.03
19(21)古河市132,261139,34494.92
20(18)大子町14,92615,73694.85

※()内の数値は2015年の順位
(単位:人、%)

年代別転出者数・転入者数 - 茨城県




10代
以下
20代 30代 40代 50代 60代
以上
2017年-578-4,50215220111,043
2018年-824-5,016-387-56-371,082
2019年-726-5,177-33545-181,149
2020年-440-4,5224185392221,258
2021年-621-3,4991,1488945141,383
2022年
1-11月
389-3,3971,0836806501,315

(単位:人)

延べ宿泊者数(年次・月次) - 茨城県




日本人 外国人 日本人 外国人
2011年4,362,76088,2001月404,1501,260
2012年5,008,06089,0202月301,750880
2013年5,065,68088,4903月423,6802,670
2014年5,368,70094,0704月427,4603,230
2015年5,540,190200,7305月438,1103,620
2016年5,383,840224,6306月460,0303,720
2017年5,383,670230,6907月429,3503,540
2018年5,637,960254,1908月467,4903,620
2019年6,082,440217,4109月413,3309,330
2020年4,290,05052,52010月469,9209,520
2021年4,159,39024,37011月
2022年4,235,27041,39012月

(単位:人泊=宿泊人数×宿泊数)


出典:総務省「国勢調査」「住民基本台帳人口移動報告」国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」観光庁「宿泊旅行統計」